労働問題

「社員から未払いの残業代を請求された」
「解雇した従業員から労働審判手続きをとられた」
「従業員がセクハラで訴えられた」

 
このような労働問題は、優良企業でも常に発生してしまう可能性があります。そして、一旦このような問題が発生してしまうと、対処の仕方によっては、企業の評価を下げるなど、多大な損失が生じることがあります。
  DSC_7330.jpg

経営者の方々に知っておいていただきたいのが、日本の労働法は、一般に考えられる以上に、労働者を守るということが重視されており、労働問題で争われると、大多数は会社側が厳しい立場に立たされてしまうということです。
                                                                                                                   
トラブルの初期段階で適切な対応をしなかったがために、ちょっとしたトラブルが他の従業員にも波及したり、経営に大きな影響を及ぼすということが多々あります。法的な根拠が無いまま、労働者側からの要求を無視し続けたり、軽率な対応をしたりするべきではありません。
 
どのような対応をすべきか、トラブルの初期段階でこそ、弁護士にご相談されることをお勧めします。弁護士は労働法や同様のケースの判例を参照しながら、労働法を遵守しつつ、経営者(会社)を守るためのアドバイスを行ないます。


また、経営に関し、気になる点、ご不安な点等についても、弁護士にご相談ください。トラブルを事前に予防するためのアドバイスを行います。
 
 
 

労働問題についてはこちらもご覧下さい

●労働問題 ●解雇について ●残業代問題
●労働組合対策・団体交渉 ●労働審判 ●労働訴訟
●セクハラ・パワハラ    

企業法務に関するお悩みの方はお気軽にご相談下さい

ImgTop6.jpg
●HOME ●ご相談の流れ ●弁護士費用
●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●事務所アクセス

宮城県仙台市の弁護士、官澤綜合法律事務所法律相談のご予約 022-214-2424 ご相談受付平日9:30~17:00

ご相談申し込みはこちら

google-indoor-view.png

  • 当事務所の特徴
  • 顧問弁護士
  • ご相談の流れ
  • 解決事例・お客様の声
  • 弁護士費用
  • 事務所紹介
  • セミナー・講演実績
  • 事務所アクセス
  • 弁護士紹介
  • お問合せ
アクセスマップ 勾当台公園駅徒歩3分

当事務所の運営サイト

官澤綜合法律事務所

官澤綜合法律事務所 交通事故サイト

官澤綜合法律事務所 相続サイト